実際の様子

内部の練習動画より

時間をかけてオイルマッサージをすることで、心と体がリラックスし、オープンな状態になります。タオルで目隠しもしていますので、恥ずかしさも半減。
胸や性器へのタッチは中盤以降で、しかも超ソフトなタッチで行います。
無理やり感じさせるような強い刺激は一切していません。
モデルさんは、恥ずかしい気持ちを感じながらもそれ以上に感じているので、徐々に自然と脚が開いてきます。
最後は自分の気持ちがいいポジションへ。
女性の感じるチカラを引き出すという表現がピッタリかもしれません。



マッサージ開始 ゆっくりと時間をかけて全身リラックス。 膝の下にタオルのまくらを敷き、膝が緩んで足の緊張がほぐれます。 これ以降の写真はフィニッシュへ向かうものです。 ピストン運動のような激しい動きは一切していません。 足先がピンと立っています。 モデルさんは、恥ずかしいので足を閉じようとしますが・・・ 感じているため、自然と足が開いてきます。 自分の気持ちがいいポジションになって・・・ 絶頂の状況です。

オイルマッサージ愛撫

オイルマッサージを強力な愛撫テクニック!

オイルマッサージの基本は「軽擦法」とう、簡単に言えば、手のひらを使ってソフトなタッチで肌をすべらせるようにさする方法です。極言すればこのテクニックさえ身につければ大丈夫です。
しかし、それだけを理解してもマッサージを受ける人が気持ちいいと感じるかというとそうではありません。それなりの準備と基本を理解する必要があります。
例えばオイルですが、ボトルから直接肌につけるなんてとんでもありません。必ず手のひらで温めてから使用するなどの基本があるのです。

私たちは、オイルマッサージのもつ「癒す力」を「愛撫」としてとらえています。先ずは、心地よいマッサージでリラックス。次に人の手が肌に触れているという何とも言えないぞくぞく感。そして、感じるところへ。

実践練習!

講師がお客様へ説明を加えながらマッサージいたします。基本や流れをつかんでいただいた上で、今度はお客様がキャストにマッサージ。
女性の体はとっても敏感でナイーブ。心地よい力加減がわかるまでどんどん練習して下さい。

便利ですよ

パートナーに「セックスしよう」とか「セックスして~」とはなかなか言えませんよね。でも、マッサージなら「オイルマッサージしようか」「オイルマッサージして~」で代用できちゃいますね。(^_^;)

当店の男性キャストによると・・・・

うちのお店で学んだオイルマッサージをパートナーにしてるそうです。それまで自分自身もマッサージを受けたことはなかったし、そのパートナーも、パートナーの知り合いの女性も経験がないそうです。ましてやセックスの前戯としてオイルマッサージをしてもらったという人はいなかったと言います。
で、男性キャストがパートナーにしてからというもの、あまりの気持ちよさに何度もしてほしいとせがまれるそうです。しているうちに彼女も彼もだんだんとその気になって、その後のセックスがとっても盛り上がるとのこと。
気軽に「マッサージをしようか?」「マッサージして」と言いやすいので、一方がセックスしたいのに、一方がその気ではないということもなくなったそうです。要は、マッサージをすることでセックスをしたくなる気持ちになってくるというのですね。
女性にしても、愛されているという感覚になるそうです。受け身で抱かれるのではなく、抱いてほしい気持ちにもなるのでしょうか。

お客様には絶対に身につけて欲しいテクニックですね!


女性キャストにも聞いてみました

マッサージの練習相手として、女性キャストになってもらっています。感想は、、、「とにかく気持ちいい!」と言います。練習とはわかっていても「感じてしまう」そうです。どんなところが気持ちいいのかと聞くと、「最初はマッサージが気持ちいい。オイルでソフトにマッサージされるのがこんなに気持ちいいとは思いませんでした。しかも男性からされるって、どこかドキドキします。感じる部分のぎりぎりまで触られると、直接触られるのとちがって、かえって感じてしまいます。」「声が出そうになるのを恥ずかしいので我慢しながらしてもらってるんですよ(*^_^*)。こんな気持ちいい事、毎日でもしてほしいです!」と。

女性向けマッサージ概要

ホールディング。マッサージに入る前の準備をします。
肩は女性が感じるスイッチをオンにします。キャストの体温を伝え、安心感を与えます。
同時に肩にあるトリガーポイントを指圧します。

足裏には多くのツボがありますが、とりわけ性に関係する部分を刺激しながら、足全体を強めにほぐします。

ふくらはぎから鼠蹊部にかけて様々な手技で施術します。ある程度の強さでリンパドレナージュを行うと足がみるみる細くなります。ふくらはぎは第2の心臓です。血行も良くなります。

ヨクトーンの手技でお尻の筋肉をほぐします。歩く、座るでおしりの筋肉はとても疲れています。鼠蹊部に近い部分にもアプローチしますので、エロティックな感覚も味わえます。

仙骨及び仙骨孔への施術、仙骨周辺の筋肉への施術を入念に行います。腰の疲れに効果的であると同時に性的感覚を高めます。

腰、特に仙骨へのマッサージは性的な感覚を高め、女性は濡れやすくなります。この部分へのアプローチだけで感じる女性も多くおられます。

四つんばいの体勢で鼠蹊部や性的な効果のあるツボ、また性器への施術も致します。これもヨクトーンの施術方法で性的な感覚を高めます。

背中へ施術することで性的なスイッチがオンに。背中や肩甲骨周辺には性に関するするツボが多く存在します。

トリガーポイントと呼ばれる痛みや疲れを改善するツボを意識しながらマッサージします。

足先をほぐします。指は日頃靴で強く圧迫されています。指を広げ、十分な血流が流れるようにゆっくり施術します。足先がポカポカしてきます。

膝、太もも、鼠蹊部、性器へアプローチします。クリトリスや性器へのタッチを求められた場合ソフトにゆっくりタッチします。

股関節周辺のストレッチをします。

バストアップのマッサージです。定期的に行うことでバストの形が保たれます。乳房の形を整え、ふんわりとした感覚を楽しんでもらいます。

性器周辺、鼠蹊部へ。まだまだ性器をマッサージしません。性器周辺には多くの生殖機能に関係する会陰や陰廉などのツボがあります。そこを意識しながら周辺をほぐします。焦らすことで、性器に触れたときの高まりが倍増します。

女性が高まった事を確認し。通常の愛撫では味わえないほどの感覚へいざないます。オイルをたっぷり使い、ソフトに。この段階でオーガズムに達する場合も少なくありません。

いよいよ性器へマッサージ。クリトリスや内部をほぐす感覚でゆっくりソフトに。ここでッチカラが入ってしまうと台無しです。中での指の動かし方も大切です。

性感帯を中心に舌も使い、複数個所を同時にマッサージ。この段階で絶頂に向かうことがほとんどです。最終的には女性がどこでイキたいのかを見極め、そに部分に集中します。女性は絶頂まで時間を必要とします。高度な愛撫としてオイルマッサージを行ってください。絶頂のレベルも格段にアップします!

こんなに気持ちよい愛撫を体験した女性は貴男の事を特別な存在として感じます。
大切に扱われた喜び、リラックス、美容、そしてすばらしい性的感覚。
一生のテクニックとして身につけてください♪